オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
October 2014
M T W T F S S
« Jul    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

トラブルにならない為の知識

駐輪

パンク修理は1年に何回もあるわけではありませんが、自動車のJAFのように緊急時に連絡できるような体制がこれからも必要になります。
そのためには、自転車を必要とする人が増えて、防犯対策や安全対策、緊急対策として注目されるような社会が実現することです。
このように、自転車愛好家は原則的には基本的なパンク修理の仕方を学んで、部品のことを理解しておくことが大切です。

また、自転車乗りの人が転倒したとか、タイヤがパンクしてしまったら役立てるようにすると良いです。
そのためには、自治体で自転車の乗り方教室を開いて、パンク修理や車道の走行のルールなどを学ぶ機会を提供していくことが大切です。
それによって、安心して自転車に乗り、移動がスムーズになれば経済的であり、友人との付き合いもぐっと広がります。

交換・対処

ベル

プロが確実な方法で修理をしてくれるようになっていますので、タイヤを交換しなくてもしばらくの間、修理をした状態で乗ることができるようになります。
工賃はお店によって異なるようになっています。
自転車のパンク修理は自分で行うこともできるようになっています。

パンク修理の道具を販売しているお店は多くありますので、購入をして自分で修理をすることができます。
また手軽な方法としてパンクの応急処置に使用する製品があります。
パンクを修理すると同時に空気を入れることができるようになっていますが、これは応急処置となっていますので、長期間の使用をすることは最適ではありません。
確実な方法で修理をすることが安全な運転をするポイントになりますので、出来る限りは自転車屋に依頼をすることが最適となっています。

プロに任せる

モデル

自転車のパンク修理で大切なことは、素人判断をしないことであり、プロに任せられるときは任せます。
これは保険だと思って出費を惜しまないことです。

修理の技術的なことはネットなどで調べることができますが繰り返し練習が必要です。
今はタイヤの強度も見直されていてノーパンクタイヤが出ています。
子どもや高齢者などはこのノーパンクタイヤの自転車を使うと良いです。
もし、道中でパンクした場合は、家まで押していき、自動車に積んでお店に向かうことができますが、知らない道で起きたパンク事故の場合は、知人に連絡して迎えに来てもらうなどの方法があります。